ネット学習システムを受ける(学習サイトへ移動)

トップページ > 通信教育 >貸付管理 > 融資の保証実務がよく分かる講座

 

融資の保証実務がよく分かる講座

融資の保証実務がよく分かる講座

監修:田路至弘/関沢正彦
■受講期間 2カ月・3カ月
■テキスト 2冊
■出題 2回(2カ月)3回(3カ月)

カテゴリー:通信教育
商品コード: 213123003?21312400X
販売価格(税込) 9,720?10,800 円
受講期間

個数

カゴに入れる

 銀行の根幹業務である融資取引において、「保証」は回収を行ううえで重要かつ不可欠な要素です。平成26年2月1日には、「経営者保証に関するガイドライン」の適用が開始され、中小・地域金融機関の融資実務に大きな影響を与えています。営業店の融資担当者には、改めて保証に関する正しい知識と実務対応能力が求められています。そこで本講座では、融資業務に携わる、あるいはこれから担当になられる若手行職員の皆さんに、「何が問題になるのか」「どのような点に注意しなければならないのか」といった、保証に関して実務上不可欠な知識を学習していただける内容構成としました。

新しい保証実務が基礎から分かる!

●保証に係る法律問題を平易に
保証実務のベースとなっている法律問題を、具体例を交えながら、基礎から分かりやすく解説してありますので、実際の業務に投影させながら学習できます。
●体系的な学習が可能
保証業務の基礎から信用保証協会保証まで、体系的に分かりやすく解説するとともに、重要な点はケーススタディにより、実務のポイントを解説しています。
●正しい実務対応能力が身に付く
2014年2月から適用が開始された「経営者保証に関するガイドライン」により、保証取引は大きな転換期を迎えました。保証実務の基礎を改めて確認し、正しい実務能力を身に付けることで、取引先等との適切な融資取引が実現できます。

主な内容

テキスト1 保証契約の進めかたと事後管理
序章 銀行取引における保証の役割と種類
第1節 保証とは
第1章 保証債務と法的性質
第1節 保証債務の法的性質
第2節 手形保証
第2章 保証契約の手続と説明義務
第1節 個人保証契約の締結と保証意思確認、説明義務
第2節 法人保証契約の締結と留意点
第3節 保証契約の締結に用いる契約書
第3章 保証契約の管理
第1節 保証契約の変更手続
第2節 主債務者・主たる債務の状態の変化
第3節 保証人の状況の変化
第4章 保証人による弁済
第1節 保証人の求償権・代位権
第2節 代表的な債権者・保証人間の特約事項

テキスト2 保証契約終結に伴う実務・保証協会保証の実務
第1章 保証契約の終了と代位
第1節 保証契約の終了事由と手続
第2節 保証人の解約権の行使
第3節 保証債務の履行請求
第4節 通常の代位弁済手続
第5節 相殺による代位弁済
第6節 担保権の実行、強制執行による代位弁済
第7節 代弁拒否事例と対策
第8節 保証債務整理手続(経営者保証ガイドライン)
第2章 信用保証協会の保証
第1節 信用保証協会保証の概要
第2節 申込受付と貸付実行の留意点
第3節 期中管理・回収
第4節 代位弁済と保証免責