ネット学習システムを受ける(学習サイトへ移動)

トップページ > 書籍 >コンプライアンス > 個人情報取扱者検定試験模擬問題集19年5月試験版

 

個人情報取扱者検定試験模擬問題集19年5月試験版

個人情報取扱者検定試験模擬問題集19年5月試験版

金融検定協会編/銀行研修社刊行
A5判・272頁・平成31年2月発行

金融検定協会2019年5月開催の金融検定試験直前対策に最適!

カテゴリー:書籍
商品コード: 111146007
販売価格(税込) 2,500 円

個数

カゴに入れる

 要配慮個人情報の制定や個人識別符号を個人情報の定義に加えるなど、大幅に手の入れられた「改正個人情報保護法」が一昨年5月末から施行されました。本書は改正法に準拠した、問題演習教材の決定版です。
金融検定協会の「個人情報取扱者検定試験」では、個人情報保護法や金融庁ガイドライン、全銀協自主ルールなどの制度・ルールの知識だけでなく、預金業務や融資業務など具体的な実務上の個人情報取扱いについても出題されています。「個人情報取扱者検定試験」合格のためには、法律や頻繁に発出されるガイドライン・指針の内容を単純に覚えるだけでなく、それが実際の業務においてどのように関わってくるのかについてまで、理解する必要があります。
本書は、章ごとに試験の重要テーマについて要点解説を行った「基礎解説編」、過去実施された出題を中心に精選した「問題編」の二部構成となっており、次回試験において合格を目指すための直前対策として最適な問題集です。

◆過去2回の出題傾向と対策を追加!
各章ごとに、過去2回の試験がどのテーマから出題されたのかを一覧で表示しました。効率的な学習にお役立てください。
◆改正法に則った模擬問題も収載!
個人情報取扱試験の出題は、三答択一問題50問です。本問題集では、検定試験の専門知識体系にならって厳選した問題を収載し、また、今版では改正法に基づいた模擬問題も収載しています。実際の出題を想定した問題を解くことは合格への早道です。
◆要点整理に資する充実した基礎解説!
個人情報取扱試験は、個人情報保護法の内容から預金や融資などの具体的な実務上の場面における、個人情報の取扱いについても問われます。本書では、これらについての基礎解説を収載していますので、重要点の再整理に最適です。

内容目次

第1章 法令・制度の基礎知識

◇傾向と対策
1.基礎解説
(1)個人情報保護法のv基礎知識
(2)情報の取得に関する規定
(3)情報管理に関する規定
(4)情報の第三者提供に関する規定
(5)安全管理に関する規定
(6)保有個人データの公表・訂正・削除等に関する規定
(7)その他の義務に関する規定
(8)マイナンバー制度と金融機関の対応
2.模擬問題
3.解答と解説

第2章 金融実務と個人情報

◇傾向と対策
1.基礎解説
(1)預金取引と個人情報
(2)融資取引と個人情報
(3)金融商品取引業務と個人情報
(4)保険業務と個人情報保護
(4)金融実務とマイナンバー
2.模擬問題
3.解答と解説

第3章 支店業務と個人情報

◇傾向と対策
1.基礎解説
(1)支店管理職の情報管理
(2)教育研修と管理者の役割
2.模擬問題
3.解答と解説