ネット学習システムを受ける(学習サイトへ移動)

トップページ > 書籍 >コンプライアンス > ACOアシスタント・コンプライアンス・オフィサー検定試験模擬問題集19年5月試験版

 

ACOアシスタント・コンプライアンス・オフィサー検定試験模擬問題集19年5月試験版

ACOアシスタント・コンプライアンス・オフィサー検定試験模擬問題集19年5月試験版

金融検定協会編集/銀行研修社刊行
A5判・304頁・平成31年2月発行

要点解説と答練で金融検定協会の金融検定試験直前対策に最適!

カテゴリー:書籍
商品コード: 111145949
販売価格(税込) 2,800 円

個数

カゴに入れる

 コンプライアンス・オフィサーやコンプライアンス担当者には、明確・公正で客観的な任命基準が必要とされています。このため、金融検定協会のコンプライアンス認定試験は、上級管理者・中堅管理者に求められる役割を出題範囲ならびに出題レベルに合わせるため、難易度を上級と中級に大別しています。難易度を上級と中級に大別しています。
ACO(Assistant Compliance Officer)はその中級に位置し、ACO認定試験は、営業店の主任、課長代理クラスの中堅幹部を対象としており、銀行法、会社法、民法、金融商品取引法等の法令知識、金融検査マニュアル、監督指針等の行政知識をはじめ、預金取引、内国為替、手形交換、貸付取引、金融商品取引等の実務上発生するコンプライアンス、個人・法人相手の営業推進上発生するコンプライアンス等の問題を出題範囲としています。出題の難易度も高く合格率は40%台近辺で推移しており、キチンとした学習を経ることなく合格することは困難とされています。
本問題集は、金融検定協会認定通信講座などでしっかりと学習をされた方の、試験直前対策用問題集としてもお役立ていただくため、重要テーマの基礎解説に加え、約150問の模擬問題・過去問題を収載して刊行しました。

◆過去2回の出題傾向から試験対策を
過去2回のACO認定試験で出題されたテーマを各章ごとに一覧で示し、ました。これにより、的を絞った学習が可能になるとともに、限られた時間の中で効率よく学習ができます。また、収載した過去問には合否の分岐点ともいえる中間正解率帯の出題も数多く示されています。正答率60~40%といった出題群の中で、どれだけ得点をすることができるかが、合格と不合格の分かれ目になるともいえます。これをしっかり学習することで、ライバルに差をつけるには最適の学習ツールと手にすることになるでしょう。
◆重要テーマの基礎解説を収載
本問題集では重要テーマについて、基礎解説を掲載しました。「出題の答練だけでは、受験に際しての応用がきかない」「重要なテーマだけでも概要だけでも基礎解説があれば……」との声にお応えしたものです。 基礎解説の学習と約150問の問題へのチャレンジによりACO認定試験の専門知識を網羅的に学習できます。

内容目次

第1章 金融コンプライアンスと法律・行政
 ◇本章の傾向と対策
1営業店初級管理職のコンプライアンスと関係法令
(銀行法のコンプライアンスの要点/民法の重要項目/金融商品取引法/金融商品取引法上の禁止行為/説明義務・書面交付義務/保険法・保険業法/個人情報保護法/マイナンバー法/反社対応と態勢整備/犯罪収益移転防止法/障害者差別解消法 他)
模擬問題/解答・解説

第2章 預金、為替・交換、付随業務とコンプライアンス
 ◇本章の傾向と対策
1預金取引
2内国為替、手形交換取引
模擬問題/解答・解説

第3章 融資、担保・保証、管理・回収とコンプライアンス
 ◇本章の傾向と対策
1融資取引とコンプライアンス
2債権管理・担保保証とコンプライアンス
模擬問題/解答・解説

第4章 金融商品取引とコンプライアンス
 ◇本章の傾向と対策
1金融商品取引とコンプライアンス
2保険募集とコンプライアンス
模擬問題/解答・解説

第5章 経営支援・相談業務とコンプライアンス
 ◇本章の傾向と対策
1経営支援アドバイスと責任
2相談業務と他業法への抵触
模擬問題/解答・解説