ネット学習システムを受ける(学習サイトへ移動)

トップページ > 通信教育 >マネジメント > フィデューシャリー・デューティ理解講座

 

フィデューシャリー・デューティ理解講座

フィデューシャリー・デューティ理解講座

銀行研修社 編
■受講期間 2カ月、3カ月
■テキスト 2冊
■出題 2回(2カ月) 3回(3カ月)

カテゴリー:通信教育
商品コード: 2131AL001~2131AM002
販売価格(税込) 9,800~10,880 円
受講期間

個数

カゴに入れる

 金融審議会 市場ワーキング・グループでは、国民の安定的な資産形成と顧客本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティ)等について審議がなされ、平成28年12月に報告書がまとめられました。これを踏まえる形で、平成29年3月に金融庁から「顧客本位の業務運営に関する原則(フィデューシャリー・デューティ(FD)原則)」が公表され、金融機関等が参考とすべき7つの原則が示されました。ここで示されているのはあくまで「原則」であり、それを具体化する方策は各金融機関が考えるべきこととされるため、各金融機関の創意工夫が問われることになります。
本講座は、金融商品販売・提案の場面を想定して、「FD原則」を読み解くとともに、「原則」を具体化するための手法を示し、「原則」を実践するための注意すべき点を解説します。

「顧客本位の業務運営に関する原則」を具体化して実践

●FD原則の具体化のための実践講座
FD原則では、金融機関に対して、顧客本位の業務運営を実現するための明確な方針を策定・公表することが求められていますが、現在は、その実効性を検証されている段階にあるといえます。改めて、原則を具体化するための方策を整理することが不可欠です。
●最適なポートフォリオ構築が不可欠
顧客ニーズにあった金融商品の提案には、セグメントによる顧客属性の確認と、最適なポートフォリオの提案、そしてアフターフォローまで含めた、一連の対応が必要です。銀行等金融機関が金融商品提案において実践すべきことを、FD原則に則り、具体的に解説しま。
●「顧客本位の業務運営」=金融機関の収益のためには何が必要か
「顧客本位」が改めて求められているのは、これまでの金融機関の業務運営に何らかの課題が指摘できるからではないでしょうか。顧客本位の業務運営を行いながら、金融機関の収益をあげるためには何が求められるのか、その手がかりを探ります。

主な内容

テキスト1 フィデューシャリー・デューティ(顧客本位の業務運営)の知識

第1章 「フィデューシャリー・デューティ」の実践と金融機関の責任
第1節 「フィデューシャリー・デューティ」とは何か
第2節 金融商品販売者の責任
第3節 金融商品製造者の責任
第2章 金融庁「フィデューシャリー・デューティ(FD)原則」の実践
第1節 「FD原則」の策定・公表
第2節 7つの原則の内容とそのポイント
第3節 営業店におけるFD原則の具体化と実践
第3章 リスク商品販売をめぐる法令等とフィデューシャリー・デューティとの関係
第1節 金融商品関連法と適合性の原則
第2節 証券業協会「高齢者ガイドライン」とフィデューシャリー・デューティの関係
第4章 顧客本位にたった金融商品の考え方
第1節 金融商品の持つリスク
第2節 FD原則に“適した商品”“適さない商品”
第3節 顧客ニーズの理解と商品提案

テキスト2 顧客本位にたったポートフォリオの考え方とアフターフォローの進め方

序 章 フィデューシャリー・デューティの実践
第1章 顧客ニーズの理解と顧客のセグメント方法
第1節 顧客ニーズの聴取と理解
第2節 セグメントによる顧客属性の把握
第2章 最適なポートフォリオの構築と提案事例
第1節 顧客層の特徴
第2節 ポートフォリオの決定要因と提案事例
第3章 既存顧客へのアフターフォローの進め方
第1節 保有資産の運用状況の理解
第2節 アフターフォローの進め方

(内容は変更することがあります)