ネット学習システムを受ける(学習サイトへ移動)

トップページ > 書籍 >貸付・担保・保証 > 事業性評価(事業支援アドバイザー)認定試験模擬問題集17年度試験版

 

事業性評価(事業支援アドバイザー)認定試験模擬問題集17年度試験版

事業性評価(事業支援アドバイザー)認定試験模擬問題集17年度試験版

監修:寺岡雅顕(CRC特別顧問)/銀行研修社刊
A5判・120頁・平成29年3月発行

金融検定協会29年度開催の金融検定試験直前対策に最適!

カテゴリー:書籍
商品コード: 111145505
販売価格(税込) 1,300 円

個数

カゴに入れる

 金融庁監督指針では、中小企業の経営改善・体質強化・支援の強化を要請しており、本試験はこうした当局の要請に応えられるか否かを試します。
事業性評価とは、担保や保証、財務内容だけで判断してきた融資を見直し、企業の事業内容や将来性を見極めて取引を推進するもので、仮に今期は赤字決算であっても事業の見通しが明るい場合は積極的に支援するといった従前とは異なった取引姿勢を求めています。
金融業界では、いま金融検定協会実施の「事業性評価(事業支援アドバイザー)認定試験」が注目を集めています。本書は、同試験の出題範囲につき、過去に出題された問題を厳選して掲載しましたので、検定試験の実際や傾向に沿って、ポイントを押さえた学習が可能となりました。

◆過去問中心に出題範囲を網羅
本試験は、「正常先への事業性評価」では、事業評価を下すためのSWOT分析等や事業構築のアドバイス、「要注意先~要管理先の事業性評価」では業況悪化先への経営改善計画書の判断・検証方法など、現場営業店行職員が押さえるべき具体的事業支援活動について知識・技能を問うものです。本書は、これら広範な出題範囲につき、過去に出題された代表的問題を中心に約75問を厳選しました。
◆短期学習で飛躍的な実力アップが可能に!
本問題集で実際に過去問題を解くことにより、本試験の出題傾向・出題レベルを短期間で把握できます。また、今後の出題が予想される重要分野については、模擬問題で補強しましたので、試験傾向に対応した学習が可能です。問題解説では、学習内容を整理して理解できるよう、図版を豊富に取り入れましたので、直前期の学習でも飛躍的な実力アップが期待できます。

内容目次

第1章 正常先の事業性評価
■出 題
1.地域金融機関に求められる事業性評価
(1)人口減少社会・地域経済の疲弊と地域金融機関
(2)事業性評価ならびに事業性評価に基づく融資
(3)営業店が行う事業性評価に基づく事業支援
(4)経営者保証に関するガイドラインの目指すもの
(5)保証契約時の対応
(6)経営者保証債務履行請求時の対応
2.事業支援実施のための基礎事項
(1)正常先中小企業の事業性評価
(2)事業性評価のためのアプローチ
3.事業価値・将来可能性・経営課題の把握
(1)企業概要の再確認
(2)取引先の環境分析
(3)事業計画の分析
(4)資金計画の分析
(5)分析結果を取引拡大にどう活用するか
4.具体的事業支援策
(1)事業強化・拡大、収益性向上に向けた支援策
(2)財務基盤強化
(3)資金調達
(4)その他支援ニーズ
■解答と解説

第2章 要注意先~要管理先の事業性評価
■出 題
1.経営改善支援のための実態把握
(1)業績不振企業早期発見のポイント
(2)業績不振要因の把握
(3)支援可否判断のポイント
2.経質改善支援
(1)資金繰り改善支援
(2)過剰債務の解消
3.本業収益改善に向けた支援手法
(1)キャッシュフローの改善
(2)収益の改善
4.経営改善計画の妥当性判断
(1)経営改善計画策定の考え方
(2)経営改善計画の検証
5.計画の進捗チェック
(1)進捗チェックの方法
(2)支援継続不可とすべき状況
■解答と解説

第3章 営業店に求められる事業性評価の実務
■出 題
1.顧客ニーズ」を切り口にした正常先と取引深耕
(1)企業の成長戦略と取引銀行の支援の仕方
(2)事業の再構築
2.営業店に求められる「経営系全計画」への関与
(1)経営改善計画を巡る諸問題
(2)経営改善計画未策定先への対応
(3)経営改善計画の進捗に問題がある先への対応
(4)取引正常化に向けた営業店の支援と事業性評価
3.リスケジューリング先の課題解決支援事例
(1)リスケジューリングに伴う債権計画書策定事例
(2)専門家を活用したリスケジューリング後の支援事例
■解答と解説