ネット学習システムを受ける(学習サイトへ移動)

トップページ > 通信教育 >マネジメント > 管理職のためのハラスメント防止講座

 

管理職のためのハラスメント防止講座

管理職のためのハラスメント防止講座

監修 本村 健/藤原宇基

■受講期間 2カ月、3カ月
■出題2回(2カ月)3回(3カ月)
■テキスト 2冊

カテゴリー:通信教育
商品コード: 213143004~213144000
販売価格(税込) 9,000~10,000 円
受講期間

個数

カゴに入れる

 ハラスメントは管理職の中でも年配者になるほど違和感が強く、素直についていけない様子が業種を超えた研修会でも確認されています。今までの指導・注意の一環として当り前のように接してきた行為が突然ハラスメントであると認定されてしまい、戸惑う管理職の方も少なくないのではないでしょうか。セクハラ、マタハラ、パワハラ、モラハラ等々、職場のハラスメントは多様化し、件数も増加の一途で、自身が気づかぬうちに加害者になっていることも懸念されます。
しかし、ハラスメント行為が職場内のコミュニケーションの断絶を招き、結果として業務停滞を引起しては、管理職としてのマネジメント不足が露呈してしまいます。
本講座は、ハラスメントを起こさないために、または発見した時に、管理職のとるべき適切な対応について具体的に解説した、職場の健全性維持のための決定版として開講します。

ハラスメントのない職場で組織力を存分に発揮!

●ハラスメント防止は管理職の意識改革が必要

 「部下のミスを人前で強い口調で叱責する」「必要な情報・指示を与えない」…。これは厚労省のパワハラチェックリストからの抜粋です。かつてご自身が経験された指導・注意は、今の部下には通用しません。管理職の方にも意識改革が必須です。本講座は意識改革に資するハラスメントの危険性をわかりやすく解説しました。

●豊富な事例&チェックリストで防止策を詳解

 ハラスメントは加害者や周囲が気づかないまま進行することも少なくありません。本講座は、豊富な事例とチェックリストにより、日頃のどのような対応・言動がハラスメントとなり、どのように防止するかがわかります。

●転ばぬ先の杖として活用できる

 ハラスメント行為発覚が頻発する企業は実名が公表されます。自らの行き過ぎた行為は自身の経歴だけでなく組織にも大きな傷を残すことになります。本講座は、ハラスメントに対してやってはいけないことのみならず、円滑なコミュニケーションの方策までを解説しました。職場の健全性を維持するための教材として最適です。

主な内容

<テキスト1> ハラスメント行為とは何か
序章  ハラスメントとは何か
第1章 職場の内外で起こるハラスメント行為とは
第2章 ハラスメントを起こさないためには

<テキスト2> こんな時にはどう対応するか ~ケーススタディ
第1章 セクシュアルハラスメント
第2章 マタニティハラスメント
第3章 パワーハラスメント
第4章 その他のハラスメント行為