ネット学習システムを受ける(学習サイトへ移動)

トップページ > 書籍 >財務・会計 > 税務申告書読破術

 

税務申告書読破術

税務申告書読破術

税理士法人 平成会計社 著
A5判・並製・224頁・平成26年7月発行

カテゴリー:書籍
商品コード: 111144393
販売価格(税込) 2,300 円

個数

カゴに入れる

 取引先を知るには、取引先の経営者の人柄、経営方針等を裏付ける数値情報をしっかり吟味する必要があります。ただし、中小企業が作成する決算書は恣意性が介在する余地があるため、決算書だけで取引先の状況を判断することは危険です。税務署という外部の牽制が入る税務申告書と決算書をセットで、会社の数値を見ることが重要となります。また、税務申告書の記載内容を見ることで、決算書だけでは読み取れない様々な企業の情報を得ることもできます。
本書は、この税務申告書の見方、そこからどのようなことが読み取れるのか、そのためにはどのような点に着眼していかなければならないかを理解してもらうことを主眼とし、図解を多用して分かりやすく解説しました。すべての金融機関の融資、渉外担当者向けにお勧めする一冊です。

企業情報の宝庫「税務申告書」の読み方がよく分かる!
●課題解決型営業に向けた第一歩に
経営者から課題を引き出し解決に向けたアプローチをする…。コミュニケーションを密にした金融取引が求められる今、「取引先をよく知る」ことが大前提です。税務申告書、決算書の見方をマスターすることは、取引先への理解を深めるための最初の一歩です。
●融資等の提案アプローチまでカバー
各項目には「取引深耕のための着眼点」という解説を加えました。税務申告書に記載されている事項を理解するだけではもったいないと言えます。それを材料に、どのように金融取引を拡げていくかまで、本書は解説しています。
●2色刷りで分かりやすい
税務申告書の見本へのコメントは、見やすいようカラーで印刷してあります。その他本文中の重要箇所もカラー表示とし、ポイントはどの点にあるのか、すぐに分かるよう編集しました。

(主要目次)

序   税務申告書とは何か
第1章 決算書をどう読むか
~決算書から会社の実力を知る~
第2章 決算書と法人税はどうかかわるか
~法人税申告書の役割を把握する~
第3章 別表四と別表五(一)は、なぜ大切か
~法人税申告書の両輪をマスターする~
第4章 法人税申告書をどう読むか
~その他の別表の役割を知る~
第5章 付属明細書をどう読むか
~勘定科目の内訳を探る~
第6章 事業概況説明書をどう読むか
~会社の概略をつかむ~
第7章 地方税申告書をどう読むか
第8章 税務申告書の活用法
~決算の実態把握と課題解決アドバイス~