ネット学習システムを受ける(学習サイトへ移動)

トップページ > 通信教育 >営業推進 > 法人融資推進に自信がつく講座〈入門コース〉

 

法人融資推進に自信がつく講座〈入門コース〉

法人融資推進に自信がつく講座〈入門コース〉

石川英文 著
■受講期間 3カ月コース
■添削出題 3回
■テキスト  3冊

カテゴリー:通信教育
商品コード: 213126002
販売価格(税込) 14,400 円

個数

カゴに入れる

 融資渉外業務で最も重要なのは、取引相手のキーマンとどのようにコミュニケーションをとるかであり、それを円滑に進め、商材を発掘することは、若手融資渉外担当者が最も頭を悩ます事項ではないでしょうか。
本講座では、まず、取引相手との会話のネタ作りとアプローチの仕方といったコミュニケーションスキルが自然と身につくノウハウを公開します。そして、ターゲットの企業が本当に融資すべきか否かを判断するのに必要な定量分析ならびに定性分析が、現場ですぐできる術について詳しく解説します。また、講座全編にわたり、わかりやすい会話例や分析例を多数収載することにより講座修了の翌日から自信を持って使える構成としました。渉外初級者のための“現場力”養成の決定版です。

融資渉外でのコミュニケーション能力が身につく!

●取引相手との会話が第一関門

取引先に出向いても商売の話ができない、決算書を入手しても即カバンの中にしまってしまうなど、取引先と会話ができない渉外担当者が増えているといわれています。取引先との信頼関係をいかに築けるかが融資渉外業務要諦です。コミュニケーション能力の養成・向上が急務とされています。

●現場力養成を徹底追及した構成

信頼関係構築にはクイックレスポンスがセオリーですが、現場で見たこと・聞いたこと・聞かれたことに対して即座に聞くこと・答えられることが必要です。本講座はクイックレスポンスを体現するための“現場力”が身につくよう、情報活用術や各種分析術を融資の一連の業務に沿って解説しノウハウを盛り込んだ構成としました。

●豊富な会話例・分析例でノウハウ習得促進

取引相手とのコミュニケーションがスムーズに進み、融資商材発掘のイメージが掴めるよう、取引先の経営者などのキーマンとどのように会話を進めれば融資獲得できるのか、また、決算書を入手したら瞬時に何を聞けばよいのか、などの勘どころを講座全編にわたり事例を用いることで、実際の融資案件取扱いの感触を体験でき、ノウハウ習得が格段に進みます。

主な内容

<テキスト1>  法人融資の基礎
序 章 法人融資とは何か
第1章 法人融資担当者の業務
第2章 融資の基礎
第3章 融資審査の基礎

<テキスト2>  融資推進のための情報活用
第1章 登記事項証明書・定款を読みこなす
第2章 外部データ(信用調査データ)を読みこなす
第3章 融資推進のための決算書の基礎知識
第4章 決算書を現場で読みこなす

<テキスト3>  融資推進のためのコミュニケーション
第1章 企業のビジネスを理解した上で資金需要に応じる
第2章 新規貸出先獲得のためのコミュニケーション術
第3章 既往取引先とのコミュニケーション術