ネット学習システムを受ける(学習サイトへ移動)

トップページ > 通信教育 >営業推進 > 法人融資推進に自信がつく講座〈実践コース〉

 

法人融資推進に自信がつく講座〈実践コース〉

法人融資推進に自信がつく講座〈実践コース〉

銀行研修社 編
■受講期間 2カ月、3カ月
■出題2回(2カ月)3回(3カ月)
■テキスト 2冊

カテゴリー:通信教育
商品コード: 213181003~21318200X
販売価格(税込) 9,720~10,800 円
受講期間

個数

カゴに入れる

 融資の新規開拓は、昨今の経済環境化では、非常にストレスの溜まる困難な仕事ですが、取引先の新陳代謝の促進や、自店の収益性確保のためには避けて通ることのできない重要な業務です。一方、既存先について取引を深耕させるか否かを判断することや、具体的にどのような方法で推進していくことが取引先と金融機関にとって適切かについては、取引先の真の姿を見定めることが必須であり、これを誤ると不良資産の堆積につながります。
そこで本講座は、新規開拓及び既存先深耕に臨む際の融資提案構想の作り方や資金需要創出のノウハウを、多数のベストプラクティスにより解説し、融資推進業務にすぐに使える実践版として刊行します。

融資渉外でのコミュニケーション能力が身につく!

●実践がイメージできる多数の事例解説

融資推進の局面では、ターゲット企業から得られた様々な情報を的確に分析し、方針策定・実行に反映していく必要があります。本講座はそのようなノウハウについて解説を行いますが、さらに理解が進み、現場でノウハウが活用できるよう、講座全般にわたって事例を収載し、すぐに使える実践的構成としました。

●新規先・既存先の虚像と実像が見抜ける

企業を取巻く経営環境は依然として厳しく、貸せる先の獲得競争は熾烈を極めていますが、そのような状況の中で優良先との取引を獲得するには、当該企業の営む事業の虚像と実像を見極める必要があります。本講座はターゲット企業が本当に貸せる先か否かの眼を養うことができます。

●採算管理の視点と取引継続判断力も養成

融資はただ貸せばよいというわけではなく、きちんと採算が取れる形にしなければならないことは言うまでもありません。本講座は、取引採算を確保し収益をあげるための管理手法及び継続支援の可否判断、不採算取引の是正方法についても詳解しました。

主な内容

<テキスト1>  新規融資先の発見と開拓
序 章 「新規開拓ができない」環境なのか
第1章 店周企業の虚像と実像の判断~新規開拓対象企業の見つけ方
第2章 新規開拓のための企業訪問
第3章 新規開拓のための企業観察
第4章 新規対象先の取引ニーズと取引構想の策定
第5章 事例による新規開拓の進め方

<テキスト2>  既存先の需要発掘による深耕
第1章 取引深耕企業の選別
第2章 コンサルティング機能発揮と取引構想のまとめ方
第3章 資金需要の発見方法
第4章 事例による取引深耕の実践
第5章 法人担当者の上手な金利交渉の進め方
第6章 個社別取引採算の改善・確保