ネット学習システムを受ける(学習サイトへ移動)

トップページ > 通信教育 >貸付管理 > 営業店でできる管理・回収講座

 

営業店でできる管理・回収講座

営業店でできる管理・回収講座

監修/旗田 庸
■受講期間 3カ月コース
■テキスト 3冊
■出題 3回

カテゴリー:通信教育
商品コード: 213189004
販売価格(税込) 14,400 円

個数

カゴに入れる

 一連の金融円滑化措置により、債務者から貸付条件の変更等の申込みがあった場合、できる限りこれに応じる努力義務が金融機関に課されるなど、中小企業に対する債権管理の環境が大きく変わりました。これにより返済猶予等の貸出条件変更の件数が増加する一方で、条件変更先の二次破綻も懸念されています。このような状況に陥れば当該企業に対する貸出債権の回収に支障を来たすことは明らかであり、回収準備も含めた債権管理がますます重要となります。
本講座は、営業店で融資、債権回収業務に携わる方々に、「何をしなければならないか」「どのように回収を進めるか」といった、債権回収の実務やノウハウを身につけていただけるよう、回収の実務を中心に構成しました。

債権管理・回収の重要ポイントと実務ノウハウが満載

●金融円滑化対応のポイントがわかる
返済猶予等条件変更先の将来の二次破綻が懸念されています。そこで、条件変更申出への対応から、保全管理、再建計画途上の企業の経営破綻に備えた回収準備などの重要ポイントを実務ベースで示しました。
●営業店の管理・回収の実務が身につく
債権管理・回収は難しい法律ばかりで苦手、という方でも理解いただけるよう、「取引先との折衝の進め方」「追加担保の交渉方法」など、営業店の現場で必要とされる実務のノウハウを丁寧に解説しました。
●法務解説も懇切丁寧に
債権管理・回収は、法律との縁が切り離せません。しかし、本講座では、難しくなりがちな法律の解説も、実務の具体例が示されていますから、違和感なく学習できます。

主な内容

<テキスト1> 債権の管理と回収の準備
序 章 金融機関の円滑化対応と回収実務の変化
第1章 取引先等の変動・変更と管理
第2章 返済管理と返済猶予応諾後の管理
第3章 営業店での回収準備

<テキスト2> 債権回収の交渉方法と回収処理
第1章 督促、回収財源の確認
第2章 回収交渉のすすめ方と回収方法
第3章 回収金と充当処理

<テキスト3> 営業店の回収実務
第1章 回収の方法とその相手方
第2章 保全・回収のための法的手続の知識
第3章 会社の整理の知識とかかわり方