ネット学習システムを受ける(学習サイトへ移動)

トップページ > 書籍 >融資審査 > 融資担当者のキャリアアップのための融資審査演習教本

 

融資担当者のキャリアアップのための融資審査演習教本

融資担当者のキャリアアップのための融資審査演習教本

石原泰弘 編著
B5判・並製・232頁・平成22年7月発行

カテゴリー:書籍
商品コード: 111143303
販売価格(税込) 2,484 円

個数

カゴに入れる

 融資審査においては、事業が生み出すキャッシュフローや企業の将来性を重視した融資体制の整備が求められており、『正確に企業の実態を把握する能力』が融資担当者の必須スキルとなります。このためには融資判断の基礎知識から一歩抜け出した、応用力のある企業審査の着眼点をいかに身に付けるかが重要となります。
 従来、このような学習は支店行員を本部(審査部)審査役に貼り付けたトレーニィ制度があったが、今日では見られなくなり、同時にスコアリング簡易式の審査制度の導入で支店融資課の与信判断能力が低下していると言われています。本書は、これをカバーするために実際の融資申込案件を使用し、融資担当者のパワーアップ養成用に開発しました。

融資審査のトレーニィ研修を演習教本で在宅学習を実現!
●著者のトレーニィ養成経験を公開
 融資案件審査に必要な企業活動の実態把握から所要資金算出、返済資源分析の要点をまとめましたので、融資審査の基本事項の整理に活用でき、各事例の読解を容易にしました。著者は旧第一勧銀審査役時代、多くの支店担当者をトレーニィ制度で養成した経験を余すところなく公開しました。
●業種、資金使途ごとに事例を精選
 製造業の増加運転資金・設備資金、卸売業の滞貨資金、建設業の赤字資金、サービス業の改装資金の借入申込みの事例を取り上げ、検討資料と対比させながら、与信判断、総合判断を演習形式で解説していますので、実践型のトレーニングを可能にしました。
●ヒアリング例により話法を学習
 各事例には借入申込等における融資先社長とのヒアリング例を入れましたので、各種資料では読み取れない事項を補足するための話法を習得することができます。

(主要目次)
序 章 融資案件審査の要点
事例1 製 造 業、増加運転資金 自動車部品メーカーS社の分析
事例2 卸 売 業、滞貨資金 日用雑貨卸業者B社の分析
事例3 建 設 業、赤字資金 建設工事業K社の分析
事例4 製 造 業、設備資金 機械加工業C社の分析
事例5 サービス業、改装資金 旅館Sの分析