ネット学習システムを受ける(学習サイトへ移動)

トップページ > 通信教育 >マネジメント > 役席者の貸付法務再入門講座

 

役席者の貸付法務再入門講座

役席者の貸付法務再入門講座

監修/伊藤進(明治大学名誉教授)
■受講期間 3カ月コース
■テキスト 3冊
■出題 3回

カテゴリー:通信教育
商品コード: 213156009
販売価格(税込) 14,400 円

個数

カゴに入れる

 金融市場の再編成等により新たなリーガルリスクの発生が予測される環境下にあって、貸付関連のベーシックな法務知識を備えておくことは、銀行員に欠くことのできない基礎といえるでしょう。もちろん、法務知識を備えておくことで、思わぬクレームなどによるトラブルやロスを未然に回避することも、従来以上に可能となるはずです。
そこで、本講座では、管理職・役席職に従事しておられる方、あるいはこれから役席になられる方の復習・補習教材として、貸付法務の重要ポイントを解説しています。

貸付法務のポイント学習に最適!

●役席者の着眼点が明確に
多忙な役席者の方に、業務運営にすぐに活かしていただけるよう、各節ごとに、「役席者が把握しておきたいポイント」を冒頭に掲げました。これにより、ミスが起こりやすいボイントはどこか、要点は何かなど重点的に学習しておくべきところ、実務上、気を配るべきところが明確にされています。
●事例研究が入ってわかりやすい
法律の学習だけでは、支店の最前線で活躍される皆さんには、すぐに役立ちません。また、現場での仕事をイメージできなければ、知識もなかなか身につかないものです。本講座では、実務に即した事例研究を適宜挿入し、実践の役に立つよう工夫しています。
●基礎的な内容も網羅
役席者向けの構成とはいえ、役席者の皆さんが、部下に基本的なことについて質問されたときに、適切な答えができないようでは困ります。そこで、役席者向けに内容を精選してはいますが、重要、あるいは実務上問題となるような点については、たとえ基礎的な内容であっても、本講座に取り入れ、十分な解説をしました。

主な内容

<テキスト1>  総説・貸付取引の共通問題
第1章 貸付の意義
第2章 貸付をめぐる規制
第3章 貸付取引の今日的問題
第4章 貸付取引の相手方
第5章 貸付先・関係先調査と諾否回答
第6章 貸付実行

<テキスト2>  貸付取引の実務と法律
第1章 手形貸付
第2章 証書貸付
第3章 当座貸越
第4章 手形割引
第5章 付随業務

<テキスト3>  貸付取引の特殊問題・新種貸付と法的問題
第1章 銀行取引約定書
第2章 金銭消費貸借契約
第3章 デリバティブローン
第4章 貸付取引とその他法規制との関係
第5章 貸手責任論の法的解釈