ネット学習システムを受ける(学習サイトへ移動)

トップページ > 通信教育 >営業推進 > 相続取引基礎講座

 

相続取引基礎講座

相続取引基礎講座

監修 伊藤 進/齊藤 幸司
●金融検定協会相続実務3級検定試験対応講座
●日本FP協会継続教育研修認定講座(AFP7.5単位/CFP15単位)相続
■受講期間 3カ月
■テキスト 3冊
■出題 3回

カテゴリー:通信教育
商品コード: 213105005
販売価格(税込) 13,370 円
日本FP協会継続教育研修

個数

カゴに入れる

 相続取引は常に営業店担当者の悩みの種です。相続の取扱いには民法の定めといった基本的な知識から、遺言の確認や遺言が家庭裁判所で検認を受けた時の確認、さらには様々な申受け書類のチェックなど多様な知識が求められます。
本講座では、このような相続取引に求められる広範な知識を、平易にかつ実務に即して学習することができます。また、相続税の基本も学び、顧客からの基本的な疑問にも解答できる力をつけることができます。

 

→金融検定協会相続実務3級検定試験へ

相続預貯金の取扱実務から相続税までの実務知識を網羅!

●初心者にも理解しやすい
超高齢化社会を迎え、金融機関職員には相続の法務と税務が必須知識となっています。本講座では、遺言、法定相続、遺産分割など相続に関する民法のルールから、相続預金の払戻し、債務の相続といった銀行実務上の対応、さらには相続に関する税務まで、豊富なケーススタディを用いて、初心者の方でもすぐに理解できるように工夫しました。
●豊富な書式例などで役に立つ
預金者の死亡から相続に至る金融機関での取引のすべてを具体的にやさしく解説しました。たとえば、公正証書遺言、戸籍事項証明書といった相続にかかわる書式は、具体例を掲載し、その見方について詳しく解説していますから、実務にすぐに役立ちます。
●相続税のしくみや計算ができる
相続税は難解ですが、相続人にとっては関心の強いテーマです。相続税の手続は税理士に任せるとしても、そこにいくまでの簡単なアドバイスや相談は、金融機関職員にとっても大切な業務であり、相続税を理解することは預り資産を管理する銀行にとって大事な仕事です。

主な内容

<テキスト1>  相続の法務知識
序 章 相続の発生と金融機関担当者が行うべきこと
第1章 相続と法務
第2章 相続関係書類の見方と取扱い
第3章 相続と金融実務の基本

<テキスト2> 相続財産の評価と相続税務
第1章 相続税
第2章 贈与税
第3章 財産評価

<テキスト3> 相続と金融実務
第1章 相続の発生と金融機関手続
第2章 預金の相続
第3章 預金相続と異例扱い
第4章 債務者(個人)の相続