ネット学習システムを受ける(学習サイトへ移動)

トップページ > 通信教育 >女性活躍推進 > テラー金融商品徹底理解講座

 

テラー金融商品徹底理解講座

テラー金融商品徹底理解講座

銀行研修社編
●日本FP協会継続教育研修認定講座(AFP7.5単位/CFP15単位)金融
■受講期間 3カ月コース
■テキスト 3冊
■出題 3回

カテゴリー:通信教育
商品コード: 213104009
販売価格(税込) 12,340 円
日本FP協会継続教育研修

個数

カゴに入れる

 金融環境の変化は窓口テラーの役割にも変化を求めています。単なる商品の提供や事務処理だけではなく、お客様との応対の中から商品ニーズを感じ取り適切な商品をアドバイスする、さらに、ライフサイクルを考えた最適ポートフォリオを提案できる総合的アドバイザーとしての役割です。本講座では、情報収集から資産形成・運用のアドバイス方法、さらにはリスク商品の要である相場の見方や、その指標・チャートの見方といった金融商品アドバイスに関する基礎知識と実践アドバイスをやさしく解説しています。

各種金融商品知識とセールス技法のスキルアップに最適

●店頭セールスに必要な情報収集力を強化
店頭でのお客様との会話は、長くて1分程度といわれています。この間に、いかにお客様との会話を進め、セールスに必要な情報を見つけ出すか、そのテクニックを解説しました。
●個人向け金融商品を分かりやすく解説
商品の横並びが崩れた現在、隣の金融機関が売っている商品はどのような利用が可能なのかを知らずしてセールスの展開は不可能です。銀行主力商品については派生的機能サービスまで突っ込んで解説し、また、他業種についても、強み、弱み、商品の利用方法などを平易に解説しました。
●市場型商品の知識も満載
相場変動の知識や各種指標・チャートの見方をはじめとして、ポートフォリオプランニングでの活用方法など、預り資産増大の鍵を握る市場型商品の知識習得をできるように、カリキュラムが構成されています。

主な内容

<テキスト1>  金融商品の知識
序章 今テラーに求められるもの
1章 テラーの応対と話術
2章 顧客情報のつかみ方
3章 金融商品の基礎知識
4章 預金商品のしくみと特徴
5章 債券商品のしくみと特徴
6章 外貨預金のしくみと特徴
7章 生保・損保商品のしくみと特徴

<テキスト2>  リスク商品の取扱とアドバイス
1章 投資信託商品のしくみと特徴
2章 リスク商品取扱の注意点
3章 年代別・資産別資金ニーズの特徴
4章 運用アドバイスとポートフォリオ
5章 余裕資金運用アドバイス
6章 金融商品の税金

<テキスト3>  アドバイスのための知識装備
第1章 預かり資産増大のための運用相談
第2章 保険・証券商品の活用
第3章 金利相場の変動と活用法

 

(内容については、一部変更することがあります)