ネット学習システムを受ける(学習サイトへ移動)

トップページ > 通信教育 >財務・決算 > 財務分析徹底理解講座

 

財務分析徹底理解講座

財務分析徹底理解講座

和井内 清・小島 昇 著
●金融検定協会決算書分析2級検定試験対応講座
●日本FP協会継続教育研修認定講座(AFP7.5単位/CFP15単位)タックス
☆全産能連優良認定講座
■受講期間 3カ月コース
■テキスト 3冊
■出題 3回

カテゴリー:通信教育
商品コード: 213115000
販売価格(税込) 13,890 円
日本FP協会継続教育研修

個数

カゴに入れる

 財務分析は、①融資案件の取り上げに必要な与信判断をする、②融資先の財務体質を分析し改善のアドバイスをする、③決算書、財務データ等を分析して今後の取引深耕方針、格付の判断をするために、金融機関行職員にとって必要不可欠な知識です。
本講座は、難解といわれる財務分析を、初心者にも理解できるよう豊富な事例と図解を盛り込み、徹底的に平易に解説し、理解度を確かめながら学習できるようテキストと演習ノートで構成しました。

→金融検定協会決算書分析2級検定試験へ

キャッシュフロー分析までを網羅した本格講座!

●企業の資金繰りを徹底解説
与信判断の基本は何といっても企業の支払能力の判断ですが、本講座は中小企業の信用分析に役立つよう、流動・当座比率や回転比率分析等といった静態分析にとどまらず、経常収支分析、資金収支分岐点手法を駆使した動態分析にまで踏み込み、企業の資金繰りの掴み方を徹底的に学習します。
●キャッシュフロー分析も詳解
キャッシュフロー計算書の見方、作り方からその分析の方法、そしてキャッシュフローによる設備投資の経済計算など、注目を集めているキャッシュフロー分析についての解説を新たに加えました。
●演習ノートにより実践力アップ
演習ノートでは、テキストから得た財務分析の知識を実践でどの程度発揮できるかを試していただけます。設例は、日頃融資審査においてよく直面するような企業をモデルとしていますので、実践的に役立ち、真に身につく学習が進められます。

主な内容

<テキスト1> 流動性・支払能力の分析
序 章 財務分析に入る前に
第1章 流動性・支払能力に対する考え方、つかみ方
第2章 流動比率、自己資本比率などの求め方、見方
第3章 経常収支比率の求め方、見方
第4章 回転期間分析による経営内容のつかみ方
第5章 運転資金増減分析

<テキスト2> 収益性・採算の分析
第1章 各種の資本利益率による収益性のつかみ方
第2章 損益分岐点による採算のつかみ方
第3章 業績変動要因のつかみ方
第4章 生産性、付加価値のつかみ方
第5章 財務分析の体系

<テキスト3> 資金繰・資金収支分岐点・キャッシュフロー分析
第1章 資金表の種類と特徴
第2章 資金繰表のつくり方、見方
第3章 資金運用表のつくり方、見方
第4章 資金移動表のつくり方、見方
第5章 キャッシュフロー(CF)計算書のつくり方、見方
第6章 CF関連の財務指標
第7章 CF分析の活用
第8章 資金計画、資金管理と収支分岐点