<< 前に戻る

目次へ >

個人・中小法人の法務と税務相談集Net配信へ

【注目の話題】  

A  医療費控除の確定申告は来年からこう変わる


 所得税の医療費控除は、 平成29年分以後(平成30年1月1日以後に提出する所得税確定申告書)、医療費の明細書又は医療保険者等の医療費通知書を確定申告書の提出の際に添付しなければならないこととして改正されました。

 また、この場合、税務署長は、その適用を受ける者に対し、確定申告期限等から5年間、当該明細書に係る医療費の領収書の提示又は提出を求めることができることとし、当該求めがあったときは、その適用を受ける者は、当該領収書の提示又は提出をしなければならないこととされました(所法120D)。

(注1)上記改正は、平成29年分以後の確定申告書を平成30年1月1日以後に提出する場合について適用され、平成29年分から平成31年分までの確定申告については、改正前の医療費の領収書の添付又は提示による医療費控除の適用もできることとされています。
(注2)上記改正の医療費の領収書は、電子情報処理組織を使用して確定申告を行った際に、医療保険者等から通知を受けた医療費通知情報でその医療保険者等の電子署名及びその電子署名に係る電子証明書が付されたものを送信した場合にはその提出が免除されます。

(文責:中央綜合税理士法人)

 

  • 平成29年8月改訂版
  • このサイト内のすべての文章・図表の著作権は、株式会社銀行研修社および執筆者 に帰属しますが、お客様に差し上げたり、店内勉強会の資料として利用する等のための印刷・コピーは許諾致しますので積極的にご活用ください。ただし、著作権者は、この情報を用いて利用者が行う一切の判断について責任を負うものではありません。個別具体的な事例に関しては、専門家にご相談されることをお勧め致します。 
  • 本稿は、本文中に特に記述のあるものを除き、2017(平成29)年7月1日現在の法令・データ等に基づいています。 

企画・制作 株式会社銀行研修社
©2017
 中央綜合税理士法人 
http://www.chuo-ac.jp/